2016年12月6日火曜日

テクスチャーシート come utilizzare

テクスチャーシートを使った、レース模様の石けんの作りかたです。



模様をつけている間に石けん生地が冷えると、ぽそぽそした石けんになります。
特に、細い模様の部分の石けん生地は冷えやすいため、作業を始める前にシートを軽く温めておきます。
または、シートを暖かい場所に置いておきます。
下の写真では、湯煎に使った鍋のふたを裏返してシートを乗せています。




色づけした生地を用意します。
この石けんには、二酸化チタンを使いました。

やわらかいスプーンやへらを使って、ゆるめの生地を模様の部分に埋め、余分な生地は拭います。

色づけした生地が残ったら、ベースの生地に混ぜたり、トップに模様をつけたりします。

できあがりの石けんの裏側
色づけ生地で無造作に模様づけ



この繊細な模様は、数回使うと消えてしまいますが、中からマーブル模様などが現れると、使うたびに楽しい気持ちになりそうですね。